マイホームの設計における、斜線・高さの制限について。

建物

斜線・高さの規制について

《point》高さ制限の存在を認識して、設計に役立てましょう。

マイホームを設計するときは、建築基準法という法律を守って設計しないといけません。細かいことは地域ごとに条例で制定されています。建築基準法+条例を守るというのが、大前提です。法律と聞くと、難しいと感じてしまう人も多いので、建築士さんに任せっきりという人も多いでしょう。しかし、なんとなくでも理解していれば、建築士さんと話をする時にスムーズに話が進むのは間違いありません。

建築基準法や条例を無視して自由に建物を建てられると、街の景観を損ねてしまうのはもちろん、家のとなりに工場が建ったり、逆に工場ばかりの中に住宅が建ったりしてしまい、国・都道府県・市町村が目指している効率的な国土利用、秩序のある地域づくりの目的から遠ざかってしまいます。今回の記事では、マイホームを建てる上での、高さの制限や斜線制限について説明していきます。

《 目次 》

1、高度地区について

2、実際の高さの制限

3、道路斜線の制限

4、北側斜線制限

5、隣地斜線制限

6、まとめ

7、最後に

a

高度地区について

《 point 》高度地区とは、都市化計画地域地区の1つで、建物の高さに制限がある地区のことです。

高度地区というのは、「建物の高さの制限がある地区」のことです。高さ制限の高さの基準は2つの指標により決められます。それは、「最高高度制限」「最低高度制限』の2つです。しかし、実際には「最高高度」に制限がかかっている地区が99%を占めているので、一般的には最高高度に制限がある地区という意味合いで使われる言葉です。

最高高度は、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域のような、低層住宅用の地域にのみ存在する決まりです。一戸建ての密集する地域に、ひときわ高い建物が建築され、日当たりや景観を損ねないようにするためです。

逆に最低高度は、高い建物が建つエリアに低い建物を建てることを禁止するための制限です。

高度地区とは、都市化計画法の地域地区の1つです。都市化計画法とは、都道府県や市町村が健全なまちづくりをするために、各地区を21分類し、建築物の設計にそれぞれ制限を設けいている法律のようなものです。その法律の中に、地区ごとに作って良い建築物の高さ制限が含まれているということですね。

a

実際の高さ制限。

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域の高さ制限は、10mもしくは12mとなっています。これは、場所によっても異なりますので、ご自分の住みたい地区の制限は、ぜひ調べてみてください。

a

道路斜線の制限

道路斜線の制限も建物の高さを制限するものです。制限の目的は、道路への日照・通風などを確保することです。制限の仕方が少し特殊です。土地には必ず道路が面しているものです。その道路を挟んで反対側の土地と道路の境界線から、自分の土地の方に斜線を伸ばした時に、その斜線が建物の高さの制限になるのです。その「斜線の角度」は、地区によって決められています。詳しくは、設計士さんに聞いて確認してみてください。

a

北側斜線制限

北側斜線制限も、建物の高さを制限するための決まりです。敷地の北側に建っている住居の、日当たりを悪くしないために決められている制限です。10mから1:1.25という角度で、斜線を引いた時にその高さ以内に家を建てないといけません。

a

隣地斜線制限

隣地斜線制限とは、隣の家の日光や風通しを確保できるように定められている制限です。隣の土地から、定められた数値で斜線をとり、その斜線の高さ以内で建築しないといけません。ただし、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域には、もともと高さ制限が決められているためこの制限は、適用されません。

a

まとめ

・第一種低層住居専用地区、第二種低層住居専用地区、では建物の最大高さは、10m、12m。

・斜線制限、北側斜線制限、隣地斜線制限は、周辺の住民に極端な悪影響を与えないための決まりでありる。

本来であれば、図解も加え、より分かりやすく説明が必要でしょう。しかしこの記事では「皆様がスムーズに家づくりを進められること」を重点に置いているため、省かせて頂きました。制限の存在を把握して頂ければ十分だと思います。詳しくは担当の設計士さんやお世話になっている住宅購入コンサルタントなどに聞きながら設計を進めれば良いでしょう。

a

最後に

家を建てる上で、建築基準法・条例などがあるのは、秩序ある地域づくり、快適な住環境の確保のためです。難しい印象を抱く必要はありません。ただ、この法律をしっかり守らないと住宅を建築するとはできませんので、建築士さんにしっかりと相談しながら、納得のいく設計をされてください。

信頼できる設計士さんの知り合いがいなかったり、もう少し詳しく内容を聞きたいという方は、当相談室へご相談ください。一生に一度かもしれないマイホーム購入です。後悔しない家づくりのために、マイホームを検討している皆様のサポートができれば光栄です。

 

設計について相談する。

 

*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

鹿児島市・姶良市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

(注文住宅、一戸建、建売、購入予算、土地探し、
住宅ローン 、リフォーム、中古物件、etc…)

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索