一度読めば分かる『長期優良住宅とは何か?』

建物

長期優良住宅制度について

この記事では、長期優良住宅についてお話ししていきます。

長期優良住宅とは、「長く住むことができる良質な住居」と認められた建物の総称です。いくつかの条件を満たす必要があり申請作業などに手間がかかりますが、節税面においてメリットが多い制度です。そのため、マイホームを建てる上でクオリティを求めている方は、長期優良住宅の基準を目安に新築を設計する人もいます。

マイホームをこれから設計しようとする方にとって、知っておいて損はない内容です。

目次

1.長期優良住宅とは??

2.長期優良住宅の認定基準とは??

3.新築一戸建ての主な認定基準

4.認定を受けるための手順と、認定後の流れ

5.まとめ

 

初回相談0円♪ 住宅購入に関するご相談はコチラからご予約ください⇓⇓⇓ 

 

 

長期優良住宅とは??

《 point 》 長期優良住宅は、「長期優良住宅の認定を受けた住宅」のことです。

長期優良住宅とは、長く住むことができる良質な住居のことであり、正式には「長期優良住宅認定制度の基準を満たした建物」のことです。

つまり、長期優良住宅と認めてもらうには、定められている条件をクリアするように設計し、申請を出し、認定を受けないといけません。この制度は、国土交通省が平成21年6月4日に施行しました。長期優良住宅として認定を受けると、主に節税面での優遇を受けることができます。

長期優良住宅のメリットについては、こちらの記事でまとめてありますので、興味のある方はご覧ください。→(長期優良住宅のメリット・デメリット)

I

長期優良住宅の認定基準は??

《 point 》認定基準は4つあり、建物によっても内容が違います。

◆ 長期優良住宅の認定を受けるための最低基準は、次のように定められています。
  1. 住宅の構造および設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていること。
  2. 住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
  3. 地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものであること。
  4. 維持保全計画が適切なものであること。

詳しい内容や申し込み方法などは、工務店の担当に確認をするか、国土交通省のホームページで確認されてください。

長期優良住宅のページ

当ブログをご覧の方は、新築一戸建てを検討されている方が多いと思うので、新築一戸建てに関する主な認定基準をご紹介いたします。

u

新築一戸建ての主な認定基準

《 point 》新築一戸建てにおける、主な基準は9つです。

《 劣化対策 》

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

《 省エネルギー性 》

次世代省エネルギー基準に適合するために必要な断熱性能などを確保していること。(省エネルギー対策等級4以上)

《 耐震性 》

極めて稀に発生する地震に対し、継続して住むための改修の容易化を図るため、損傷レベルの低減を図ること。

《 可変性 》

ライフスタイルの変化に応じて、間取り変更が可能になっていること。

《 バリアフリー性 》

将来のバリアフリーフォームに対応できるようになっていること

《 居住環境 》

良好な景観の形成や、地域における居住環境の維持・向上に配慮されていること。

《 維持保全計画 》

定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

《 維持管理・更新の容易性 》

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装や設備について、維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

《 住戸面積 》

一戸建は75㎡以上、少なくとも1つのフロアの床面積が40㎡以上であること。

 

こららの条件を、クリアして初めて長期優良住宅の認定を受けることができます。

e

認定を受けるための手順と、認定後の流れ

長期優良住宅の認定を受けるためには、申請をする必要があります。申請手順は以下の通りです。

《 ①申請のタイミング 》

工事の着工前」に、長期優良住宅の建築および維持保全に関する計画を作成し、着工前に所管行政庁に申請する。

《 ②認定後に必要なこと 》

維持保全の実施。

長期優良住宅の認定を受けた後、所管行政庁より住宅の建築・維持保全の状況について報告を求められることがあります。その際は、作成・保存している建築・維持保全の状況に関する記録を提出する等の報告を行う必要があります。

維持保全を適切に行えていないと認められると、認定計画実施者に対して、更正指導や改善命令をし、認定計画実施者がそれに違反した場合は認定を取り消されてしまいます。

o

まとめ

◆ 長期優良住宅について、まとめます。

・長期優良住宅とは、「長期優良住宅認定制度の基準をクリアした建物」のこと。

・認定を受けていると、節税面で優遇される。

・認定を受けるためには、着工前に申請を出す。

・認定後も、定期的に維持保全の状況を報告しないといけない。

・維持する必要があるので、メンテナンスにコストがかかる。

 

以上が、主な長期優良住宅の概要になります。認定を受けられるように住宅設計をすれば、長期間快適に過ごせるマイホームになるでしょう。それを証明するための長期優良住宅という制度であり、政府もマイホーム購入者が長期優良住宅を建てることを後押ししているのです。

しかし、設備を整えるということはそれだけコストもかかりますし、認定を受けた後も所管行政庁に維持保全の報告もしなければなりません。また、当初提出した計画の通りに維持保全をする必要があるので、自分のタイミングや建物状況に合わない場合もあります。

オススメの制度ではありますが、あくまでも、皆様のマイホーム計画や資金計画を軸に「良い材料となるのか」をしっかりと検討してください。工務店等の営業マンや建築士も、説明してくれるとは思いますが、制度の内容を詳しく把握し、お客様側に立って説明してくれる人は、一握りしかいないでしょう。

もし、長く住みやすい住宅づくりに興味のある方は、長期優良住宅の認定を受けるメリットとデメリットを、より詳しくこちらの記事で、解説していますので是非ご覧ください。

 

→ 1回読めば分かる。『長期優良住宅の認定を受けるメリット・デメリット』

 

 

初回相談0円♪ ハウスメーカー・工務店選びのご相談はコチラからご予約ください⇓⇓⇓ 

 

 

 

*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

鹿児島市・姶良市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

(注文住宅、一戸建、建売、購入予算、
中古住宅、リフォーム、土地探し、住宅ローン etc…)

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索