知って得する補助金制度。お得にマイホームを購入するには・・

お金

マイホーム購入を少しでもお得にしたくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

マイホーム購入を検討されている皆様にご質問あります。

●マイホームを購入したら、補助金がもらえることをご存知でしょうか?

●マイホームを購入時に、優遇制度というものがあることをご存知でしょうか?

知らなかったという方は、ぜひ今回の記事をお読みください。「補助金と優遇制度」というのは、住宅購入者全員に平等に与えられる権利です。これらをうまく活用して、少しでもお得にマイホームを建てましょう。

基本的には営業マンが教えてくれる(はずの)内容ですが、あらかじめ知っておいた方が制度の適用漏れが少なくすみます。今回の記事では、詳しい内容までは触れませんが、住宅購入時に適用できる補助金についてご紹介します。

目次

1、住まい給付金

2、ZEH補助金

3、次世代住宅ポイント制度

4、エネファーム設置補助金

5、市町村補助金

6、最後に

住宅購入者が受けられる補助金

住まい給付金

住まい給付金とは、消費税増税の影響によって増える住宅購入者の資金負担額を緩和するための補助金です。この制度は、令和2年12月に終了予定となっていますが、住宅購入時に消費税10%が適用される方でも、最大50万円まで補助金を受けとることができます。

住まい給付金も、給付条件が細かく設定されています。全ての方がもらえる補助金ではありませんが、多くの家庭が受け取ることができていますので、ぜひ、営業マンの方に住まい給付金について質問してみてください。

⬇︎住まい給付金について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

→ すまい給付金について。

a

ZEH補助金

ZEH補助金は、ZEH住宅を新築で建築・もしくはZEHを導入した方が受けられる補助金です。ZEH住宅に関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ZEHとは?

a

次世代住宅ポイント制度

次世代住宅ポイント制度とは、一定の規定を満たした住宅購入者に、さまざまな商品などと交換できるポイントを付与してくれる制度です。

ポイントを使って交換できる商品は、

・省エネ・環境配慮に優れた商品

・防災関連商品

・健康関連商品

・家事負担軽減に関する商品

・子育て関連商品

・地域振興に関する商品。

など、多くの商品と交換することができます。詳しくは、別の記事でご紹介いたします。交換するためには、ポイントの申請と商品交換申請などの手続きが必要になります。

a

エネファーム設置補助金

エネファームとは、ガスを使って電気を発電できる家庭用燃料電池のことです。これを導入した家庭は補助金を受け取ることができます。この制度は、募集期間がきまっているので皆様のスケージュールに完全に一致するとは言えません。エネファームを導入する際に担当の人が説明してくれるはずですが、導入予定の方は確認を忘れないようにしましょう。

a

市町村補助金

市町村補助金は、住んでいる市町村ごとで決められている補助金制度のことです。例えば、鹿屋市では適用できる「利子補給制度」というものがあるのですが、この制度は鹿児島市では適用することができません。ちょっと隣の町に家を建てたりすることで、同じ家を建てるとしても負担金額が変わってくることがあるのです。

市町村補助金だけを目当てに住む市町村を探すのは、オススメしませんが、これから住む市町村にどのような補助金があるのかは確認しておきたいところです。

a

最後に

補助金は、申請をしないともらうことができません。知っているのと知らないのでは、後々大きく手元に残る金額が変わってきます。ここに書いていない補助金制度もございますので、少しでも「この場合は補助金はでないのかな?」と思ったら、調べてみることをお勧めいたします。

 

 

自分の家庭が、マイホーム購入にいくら使って良いのか曖昧にしか分からなくて、漠然とした不安がある。

という方は、ぜひ、お問い合わせください。

将来的に確実性のある資金計画を立て、自信を持ってマイホームを購入する。

 

*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

鹿児島市・姶良市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

(注文住宅、一戸建、建売、購入予算、
土地探し、住宅ローン etc…)

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

 

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索