失敗しない火災保険の選び方。

お金

失敗しない火災保険の選び方。

 

 

 

 

 

火災保険は、住宅を購入すると必ず契約するものです。

万が一、火災になれば家が燃えるだけでなく、家のなかにある家具・家電・洋服なども燃えてしまいます。火が消えた後、家の状態を元に戻すとなると、相当な費用がかかるものです。しかし、火災保険に入っていれば、被害額のかなりの部分をカバーしてくれます。そのため、長い年月を安心して過ごすためにも、火災保険はよく考えて契約する必要があります。

火災保険をどうやって選べば良いのかご存知でしょうか?

火災保険を取り扱っている会社は何十社もありますし、建物の大きさや構造などを正確に見ないといけません。会社によって保険料も違いますし、構造の違いによっても料金が変わってきます。地震の保障を付けるか、その他どのような損害まで保険でカバーするかという、いわゆる”オプション”の範囲によっても火災保険の金額が変わります。今回は、一番金額が変化しやすい、建物の構造の違いについてお話いたします。

建物の構造による保険料の違い

建物の構造は、M構造・T構造・H構造の3つに分類されます。この3つの分類を総称して「構造級別」といいます。

なぜ、分類しているのかというと、火災保険は火災の発生確率によって、支払う保険料金が変わるからです。リスクが高い(燃えやすい)建物の保険料は高くなり、リスクが低い(燃えにくい)建物は保険料が安くなります。その、燃えやすさを決める基準として、建物の構造によって3つに分類されています。

M構造(マンション構造)

鉄筋コンクリート造のマンションやその他共同住宅のことです。マンションの頭文字をとって、M構造となっています。耐火建築物の共同住宅も含まれています。自分が住んでいる建物が、M構造に該当するかどうかを確認しましょう。

耐火性能は高いので、一番保険料が安くなっています。

T構造(耐火構造)

主に、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の戸建住宅が該当します。木造の戸建住宅でも、準耐火建築物や耐火建築物などの建物であれば、T構造に分類されます。

H構造(非耐火構造)

木造住宅で、準耐火建築物や耐火建築物などではない建物は、H構造に該当します。また、M構造・T構造のどちらにも該当しない建物も、H構造に分類されます。

3つの構造の中で、一番保険料が高額になります。

 

注意すること

火災保険を申し込む際に、構造級別を自己申告しないといけません。一番保険料が高くなるH構造であっても必要になる書類はM構造・T構造の建物とほぼ同じです

<必要書類>

・建築確認済証

・建築確認申請書

・建物図面、設計仕様書等

・建物、土地の契約書類一式

思い込みで階級別構造を決めないようにしましょう。本来支払う必要のなかった高額な方の保険料を払わされる可能性があります。しっかり書類を確認して、適切な内容で保険を契約して頂ければと思います。

 

最後に

繰り返しになりますが、構造級別を間違えて火災保険を契約し、高い保険料を払っていた方も実際にいらっしゃいます。申し込む前に、必ず確認をするようにしましょう。

確認のポイントは3つです。

・集合住宅なのか戸建て住宅なのか?

・家を構造している素材は何か?(コンクリートなのか木造なのか?)

・耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火建物に該当していないか?

これを確認して、本文に書いたそれぞれの構造級別の特徴と見比べてください。構造級別が判明したら次は、各会社の保険料金の見積もりを取ってください。火災保険を取り扱っている会社は、数十社あります。条件が同じでも、会社が違うだけで約20万円ほども、金額に差がでることもあります。構造級別をしっかり確認して、会社ごとの見積もりを比べて、安いところを選ぶ。

もし、自分の家の火災保険の選び方が不安な方は、お気軽にご相談ください。当相談室は、保険の代理店になっておらず、保険販売は行っておりませんので、中立な立場からアドバイスさせて頂きます。

火災保険について相談する

 

*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

鹿児島市・姶良市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

(注文住宅、一戸建、建売、購入予算、
土地探し、住宅ローン etc…)

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
*MYHOME*MYHOME*MYHOME*MYHOME*

 

 

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索