地鎮祭の準備。地鎮祭は何のために行うのか?

土地

地鎮祭(じちんさい)について

 

 

 

 

地鎮祭とは、家が建つ土地の神様に対して、工事をする人と住む人の安全をお祈りする儀式のことです。

上棟(じょうとう)式をする人は最近減りつつありますが、地鎮祭は今でも多くの人が行なっています(鹿児島は上棟式をする方は多いですが、東京あたりだとだいぶ少ない印象があります)。工事スタート前のちょっとしたイベントのようなものではありますが、地鎮祭を行う理由と、必要経費の相場などをお話しさせていただきます。

 

地鎮祭とは?

地鎮祭とは、土地の神様に対してお祈りを捧げる儀式で具体的な目的は次の3つです。

・工事の安全を祈る。

・住む人の安全を祈る。

・土地の汚れを浄化する。

なんとなく察していらっしゃる方もいるかもしれませんが、これは宗教的な行事の1つです。宗教的というと、少し嫌悪感を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、クリスマスや年始の初詣のような伝統的イベントと同意なのでご安心ください。家を建てる前に必ずと言って良いくらい実施される儀式です。

ちなみに、地鎮祭とは神道(しんとう)の儀式で、神社の神主さんが取り仕切ってくれます。

しかし、儀式とは言っても、実際のところは工事の着工前に関係者が集まって、工事や今後の安全を祈るイベントのような意味合いで行われることが多いです。そのため、地鎮祭の全体的な費用は工事の見積に入っていることが多いです。

 

地鎮祭に必要なもの。

地鎮祭で必要なものは、土地の神様へのお供え物と、地鎮祭を執り行ってくれる神主さんに渡す初穂料の2つです。

土地の神様へのお供え物は、「野菜・魚・お米・お酒」が必要になります。また、盛り土をしたり、鍬(くわ)を用意したり、細々とした準備があるので手間のかかることもあります。しかし、ほとんどの場合は工務店・ハウスメーカーの担当営業マンが手配してくれますし、それに必要な経費は工事と一緒に見積に含まれていることがほとんどなのでご安心ください。

初穂料は、工事の見積もりに入る地鎮祭全体の費用とは別で、儀式を取り行ってくれる神主さんへのお礼金のようなものです。そのため、地鎮祭の費用とは別にお施主様(家を建てる人)で準備して頂くことが多いので、しっかり確認しておきましょう。初穂料の相場は、3万円〜5万円ほどです。※初穂料は『玉串(たまぐし)料』 と呼ぶ場合もあります 。

お施主様(家を建てる人)のすること。

地鎮祭を取り行う為の手配は、だいたいは営業マンがしてくれます。お施主様がすることは主にこの2つです。

地鎮祭当日に、

・現地に行くこと。

・初穂料を神主さんに渡す。

 

営業マンや施工会社によって若干の違いはあると思いますので、詳細は営業マンの方に確認されてください。

地鎮祭自体は、だいたいは30分程度で終わります。神主さんは正装で来られますが、お施主様は、ポロシャツにジーンズのようなラフな格好でも大丈夫です(私が担当したお客様の中に、とても真面目な方がいて、ラフな私服を勧めたのですが、「神様に祈る儀式だから正装であるべきだ」とおっしゃり、夏場にネクタイを絞めてきた方がいました)。ちなみに、お供え物のお米や、魚、などの食べ物はお施主様がお持ち帰り頂くので、そのお供え物を使った食事のメニューを考えておくことをお勧めします。

 

地鎮祭後の「直会(なおらい)」

これは、最近ほとんど行われないので、予備知識程度で覚えて頂ければ大丈夫ですが、ご紹介しておきます。

直会とは、「地鎮祭後にお施主様が工事の関係者やご近隣の方に食事を振る舞う」 というものです。地域によっては、工事の関係者にお弁当を渡したり、近所の飲食店でご馳走するというケースもあるそうです。ちなみに、鹿児島では直会の話題すら上がってこないことがほとんどです。家を建てた人でも、直会の存在すら知らないという人も多いと思います。

その為、わざわざ直会をする必要はないと思いますが、地鎮祭には、 設計者や現場監督など工事の関係者が参加するので、しっかり挨拶しておきましょう。やはり、工事関係者も人間なので、顔を合わせて挨拶をするだけでも情が湧きますし、誰のために家を建てるのかが明確になり、尚かつ好印象であれば、工事にもより熱が入ると思います。

 

興味深い経験談。

最後に、地鎮祭のお話のついでに『井戸のお祓い』についてお話させて頂きます。

以前、私が担当したアパート建築の現場で『枯れ井戸』が出てきました。 古い建物を取り壊し、基礎工事のために深く穴を掘っていたら、 使われなくなって長いであろう井戸の残骸みたいなものがてきたのです。

現場監督から写真が送られてきて、 『神主さんにお祓いの手配をしろ』 『お施主様に連絡しろ』 とのことだったので お施主様に連絡したところ、 『自分が住む建物じゃないから お祓いまでは必要無い』との返答でした。

現場監督にその旨を伝えたら、めちゃめちゃ怒られました。『地鎮祭をしないのはまだ許せるが、お祓いは絶対にやれ!』 『事故が起きたら、どうするんだ!』 と・・・

ここでは詳しく書きませんが、 たとえ長い間、使われていない枯れた井戸だとしても、水の神様がいるのでお祈りもせずに埋めるのは良くないとのことです。複数の工事関係者の方に世間話程度に聞いたところ、 井戸のお祓いをせずに 工事を進めると、感覚的にではあるが、事故が起こる確率が高いような気がする、とのことでした。

また、地鎮祭の時に神主さんと世間話をしていたら、『ほとんどの土地には大きな問題は無い』 『稀に地鎮祭をすることで、 問題が解消する土地もある』 とのことでした。 私自身は、全く霊感が無いので 分かりませんが、神主さんや工事関係者と話していると、たぶん地鎮祭やお祓いはしっかりやった方が良いのだろうと思っています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

鹿児島市・姶良市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

(注文住宅、一戸建、建売、購入予算、
土地探し、住宅ローン etc…)

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索