「103万円の壁」〜パートで働く時の注意点〜

お金

「貯金をするために、一時的にパートで働こうかな・・・」

と考えている主婦(夫)の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

すでに、「共働き生活は長いです」という方にも、「これから共働きを始めます」という方にも、しっかりお伝えしたい「知識」があります。それは、比較的有名な「103万円の壁」と、意外と知られていない「130万円の壁」についてです。

「なんとなくは知っていますよ。」という方も、これを機に「ちゃんと知っています」と言えるようになっていただければ嬉しいです。それだけ、パートをする上では大事な「知識」だと思っています。

初心者の方向けに「ほぐして」お話ししますので、「このような話が得意じゃない方」安心してお読みください。

 

103万円の壁

 

 

 

 

「旦那さまの扶養を受けている場合、パートで稼ぐ年収を103万円以内に抑えないといけない」という話を耳にされる方は多いと思います。

”なぜ103万円以内に抑える必要があるのか?” といいますと、

103万円を超えると、旦那さまの扶養から外されてしまうからです。」※「扶養」とは、「面倒を見ること」です。主に、お子様や、専業主婦(夫)、などが対象になります)

そして家族を扶養する(家族の面倒をみる)人のことを、「配偶者」と言います。

日本では、「配偶者」に対して、「配偶者控除・扶養手当・家族手当」というものを適用してくれます。「面倒を見る人がいるのは大変だろうから、税金を安くしときますね。会社も手当てを出しますよ。」みたいな感じです。

しかし、その配偶者控除の対象人物、つまり「面倒を見てもらっていた側の人」が年収103万円を超えるようになると、「その人は面倒を見てもらわなくても、自力で稼いで生活できる人」と、国から判断されるのです。

その時点で、「パートで働いている奥様も課税対象となり、自身が働いて稼いだ分から”通常どおりの税金”を支払う義務」が発生します。(扶養内なら控除(考慮)されるので、国に払う税金が少なくて済みます)

そして、旦那様も「扶養する人(面倒を見る人)がいなくなる」ので「面倒見る人いないなら、手当は必要ないですね。」となるため、会社によっては、扶養手当と家族手当が受けれなくなってしまうこともあります。

 

結果、「今年は5万円多めにパートで108万円稼いだぞ。」と喜んでいると、例年より「30万円も多く税金を払わないといけなくなる」という状況になってしまうこともあるのです。つまり、年収103万円の時の方が手元に残るお金が多いのです。

そのため、パートをする時は、できるだけ税金を節約するために「103万円を超えないように調整する」のが賢い働き方として定着しています。

 

130万円の壁

 

 

 

次に130万円の壁についてお話します。

130万円の壁に関係してくるのは、「健康保険と厚生年金」です。パートの年収が130万円を超えると、「健康保険も厚生年金も自分の給料で、通常の金額を払わないといけなくなります。」

なので、どうせ130万円稼ぐのであれば、いっそのこと160万円くらい稼いでしまいましょう。あくまでも目安ですが、160万円くらい稼げば、手元に残るお金がプラスになります。それ以下だと、結果的に支出が増えてマイナスになることがほとんどです。

パートとはいえ、苦労して稼ぐお金です。頑張ったのに、損をしてしまうのは誰でも嫌です。そのため、この「年収の調整」は非常に大事な内容だと思います。

 

補足

しかし、「支払いが増えるのは仕方がない!」と、割り切ってしまえばマイナスなことばかりではありません。

年収が130万円を超えることには、次のようなメリットもあります。

・将来奥様のもらえる年金の総支給額が増える。

・仕事の経験を積むことができるので、キャリアアップにつながる可能性がある。

などです。ですから、必ずしも「超えてはいけない壁」という訳でもありません。

ただし、年収が増えるということは、家事や子育てにかけられる時間が減るということでもあります。確かに、世帯年収は多い方が良いです。しかし一番大事なことは、収入の多さではなく、それぞれの家庭に合った資金計画に沿って稼いでいくことです。

 

最後に

「103万円の壁」と「130万円の壁」を、どう捉えるかは家庭次第だと思います。ただ、それらの壁を「家計の障害として捉えるのではなく、人生を賢く歩むための手段」として捉えることが、パートで賢く稼ぐためのコツになるのです。

「103万以下が正解なのか、160万以上稼ぐのが正解なのか?」

すでに働いているという方も、これからパートを探すという方も、一度試算をして、ライフプランを見直してみはいかがでしょうか?すこし現状を変えるだけで、「将来迎える結果」は大きく変わってきます。

大事なことなので、もう一度お伝えしますが、「103万円の壁も、130万円の壁も、必ず守らないといけない壁ではありません。家庭の将来を見据えて、適切な金額を稼ぐのが正解なのです。」その上で、できるだけ損をしないお金の動かし方をしていけば良いのです。

 

実際に相談室にお越し頂ければ、詳しく「あなた専用の資金計画」を立てることができます。これから動き出すという方は、是非お気軽にご連絡ください。きっと、ピッタリの診断をしてみせます。しかし、中には、相談に来る時間をなかなか作れないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方も、この記事を見たことで、少しでも「スッキリ」していただければ嬉しいです。

 

———————————–

鹿児島市・姶良市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

(注文住宅、一戸建、建売、購入予算、
土地探し、住宅ローン etc…)

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
———————————–

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索