現場監督の仕事(1)

建物

『新築住宅の出来栄えは、
現場監督によっても変わる』

『工事のスケジュール、建築会社の利益は
 現場監督の腕次第』

という内容の雑談を
先日、お客様としましたが、

 

そのお客様は、
現場監督の仕事内容
ほとんど知りませんでした。

 

『建築現場の状況を監督している人』

という漠然としたイメージ
だったそうです。

 

 

 

考えてみれば、

私も不動産/建築業界に入る前は
現場監督の仕事内容を
全く知らなかったので、

皆さん、知らなくて当然ですよね。

 

 

ということで、今回は

2回に分けて、

『現場監督の仕事』についてお話します。

—————————–

 

現場監督のやっている
仕事内容を考えると、

“現場監督”というよりも

“プロジェクト・マネージャー”

“プロデューサー”

の方がシックリきそうな気がします。

 

 

(1)(2)と、最後まで読んで頂ければ

ご納得頂けるかと思いますので、

ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

 

 

※建築会社の人員体制などによっても
 監督さんの仕事内容は変わります

 

 

“ハウスメーカー”と呼ばれる
規模が大きめの会社では

 

ふつうは大工さんや職人さんを
社員として雇用していません

 

現場監督さんは社員として
雇用されています

 

 

 

職人さんの力が必要な時に、

その都度、

現場監督さんが
建築会社の窓口となって

 

他の会社さん、
または、直接、職人さんに
仕事を依頼して、

各工事現場で職人さんが作業をしています。

 

 

例えば、木造住宅を建てる工事には、
以下のような工事があり、

それぞれ専門の業者や職人さんが
それぞれの工事を担当します。

 

・地盤改良工事
・基礎工事
・建て方
・足場設置、解体
・水道管工事
・ガス管工事
・外壁工事
・木製建具工事
・クロス(壁紙)
・住宅設備工事
・電気工事
・外構工事  などなど・・・

 

とりあえず思い付いた工事内容を
ざっと書いてみましたが、

1軒の家を建てるためには、
多くの業者・職人さんによる
工事が必要になります。

 

 

 

どの順番でどの業者・職人さんに
現場に入ってもらうのか

各業者さんと日程調整をし、

 

さらに作業費用の価格交渉をし、

※価格は事前に取り決めている会社も多いです

 

 

各工事のスケジュールに
支障が出ないように

資材の発注、行政の許可を取得し、

 

各業者・職人さんが実施した工事の
完成度などをチェックし、
不備があればやり直しを指示し、

 

外部機関の中間検査、
行政の検査なども
クリアして家が完成します。

 

 

それら全てを取り仕切るのが
現場監督さんです。

 

現場監督の仕事(2)に続く

 

 

 

———————————–
鹿児島市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタント
ご相談ください

 

 

 

「鹿児島中央マイホーム相談室」
https://kcfp.jp
———————————–

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索