住宅ローンが通らないケース

住宅ローン

現在、きちんと収入がある方でも

様々な理由で住宅ローンの

審査が通らない場合があります。
——————————-

 

 

今回は、代表的なケースを
いくつかご紹介させて頂きます。

 

 

————————–
ケース1:
クレジットカードの事故歴
————————–

実は、日本にはクレジットカードの
信用情報を管理している会社があります。

 

銀行が住宅ローンの
審査をする場合は、
ほぼ間違いなく信用情報を取得して、
判断材料の1つにしています。

 

クレジットカードの利用料金が
銀行口座から引き落とされないことが
たった1度だけでもあったら、
『支払いが遅れた』という
“事故” として記録が残ります。

 

いわゆるブラックまでいかなくても
支払いの遅れが頻繁にあったりすると
悪い材料の1つになってしまいます。

 

信用情報がクリアになるまでに
だいたい5年くらいかかると
言われています。

 

 

 

—————————–
ケース2:
車のローンの支払が残っている
—————————–

銀行は、住宅ローンの審査をする時に
収入の何%まで住宅ローンの支払いに
使えるかを計算しています。

車のローンの支払がたくさん残っていると
希望どおりのローンが組めなくなる
可能性が出てきます。

 

 

(例1)車のローンが無い場合
→ 年間支払い額が100万円までの
   住宅ローンが組める

(例2)車のローンの支払いが月2万円の場合
→ 年間支払い額が76万円までの
   住宅ローンしか組めない

 

このような違いがでる
可能性があります。

 

 

 

————————
ケース3: 自営業の方
————————

『自営業の方は住宅ローンが組めない』
ということではなく、

 

自営業の方が
税金対策をバッチリした結果、
税金は安くなったものの、

その分、書類上は
『収入が少ない』状態になっており、
希望する額の住宅ローンが
組めない可能性があります。

 

 

住宅ローンを組まれる場合は、
最低でも2~3年は十分な所得を申告し、
十分な所得の公的証明(所得証明)を
金融機関に提出できるようにした方が
良いでしょう。

 

 

 

————————
ケース4: 持病のある方
————————

団体信用生命保険(団信)
への加入が必須の
住宅ローンもあります。

直近で手術をしていたり、
治療中で薬を飲んでいたりすると、
病状によっては、団体信用生命保険に
加入できない場合もあります。

団信に加入できない場合、
その住宅ローンは組めません。

 

 

—————————————
ケース5: 転職したばかり
—————————————

転職してから1年間が経過するまでは、
住宅ローンが組めないケースもあります。

 

組めることもありますが、
住宅購入の計画がある場合は、
転職の時期も考慮した方が無難です。

 

 

 

 

現在は上記のケース1~5に
該当しない方も
今後、該当しないよう
十分にご注意ください。

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索