建築会社について(2)

建物

前回に引き続き、
マイホームを建てる「建築会社」
について、お話します。
—————————————–

 

前回

建築会社について(1)

の後半部分を受けての内容に

なりますが…

 

戸建住宅の新築工事を

実際にやっているのは

お客様から工事を受注した

≪ハウスメーカー≫ではなく、

≪ハウスメーカー≫から

依頼を受けた地元の≪工務店≫

というケースはかなり多いのです。

 

 

 

不動産/建築業界以外の人は

驚く方もいるかもしれませんが、

一言で言うと工務店さんが

ハウスメーカーさんの

『下請け』として、

実際の施工を担当しています。

 

 

 

≪ハウスメーカー≫には、

これまでの実績があり、

良いブランドイメージもあり、

 

広告費や営業経費を

工務店よりも多く使えるので

多くの人に知ってもらえる機会が

多いので、戸建住宅の

新築工事の受注数も多くなります。

 

 

 

ただし、自社で

職人さんを社員として

雇用しているわけではないので、

工事をまとめて外部の会社に依頼するか、

一部分の工事だけ依頼するか、

という対応になります。

 

 

工務店さんの方では、

職人さんを社員として雇用していたり、

一部の工程を外注するにしても

顔馴染みの職人さんに

依頼することがほとんどです。

 

 

元大工の工務店の社長さんも

かなりいらっしゃいますし、

二代目の社長さんがハウスメーカー出身

という工務店も多いです。

 

 

そんな工務店さんが

ハウスメーカーさんに負けないくらい

良い家を建てられるとしても

多くの人に知ってもらう機会が

大手ハウスメーカーと比べると

どうしても少ないと思います。

 

何度も繰り返しますが、

≪ハウスメーカー≫ ≪工務店≫

どちらも一長一短あります。

 

 

利益率や経費を考えて頂ければ

お分かりでしょうが…

同じ材料を使って、

同じ間取の家を建てると

同等の品質の家が建ちますし、

当然、≪工務店≫で建てた方が

安くなります。

 

※場合によっては1,000万円くらい

差額があるかもしれません

 

 

一方で、≪ハウスメーカー≫の

独自の建築資材や

独自の工法など

≪工務店≫ではできないこともあります。

 

 

あと、もう1つ

一般的に言えるのが

『規模が大きい会社の方が

ルールが細かくて融通が利かない』

『規模が小さい会社の方が

ルールが大雑把で小回りが利く』

ということです。

 

 

融通が利かないことに

耐えられない人もいるでしょうし、

ルールが大雑把なことが

我慢ならない人もいるでしょう。

 

 

大手ハウスメーカーには、

ブランド力や安心感という

お金では買えない価値が

ありますが、

信頼できる工務店を見つけられれば、

地元の優良工務店でも

十分に良い家が建てられると思います。

 

 

———————————–
鹿児島市で家を建てるなら、
まずは住宅購入コンサルタントに
ご相談ください

 

 

 

鹿児島中央マイホーム相談室
https://kcfp.jp
———————————–

カテゴリー

アーカイブ(月別)

検索